歯科矯正を目立たず行うメリット

ここからは、歯科矯正を目立たないように自然に行うメリットについて詳しく見ていきましょう。

比較して決めよう!目立たない歯科矯正

矯正装置を歯の裏側に取り付ける舌側矯正

舌側矯正は別名、リンガルブラケット矯正とも呼ばれている矯正方法です。この方法は矯正装置を歯の裏側に取り付けるため、従来の歯科矯正と比べて目立たないというメリットがあります。また、食事の際のストレスも少ないというのもこの矯正法のメリットです。

装置が透明なクリアブラケット矯正

クリアブラケット矯正は、歯の表側に透明の矯正器具を取り付ける歯科矯正法です。使用する矯正器具が透明のため、従来の矯正法と比べて目立ちにくいというメリットがあります。また、コストパフォーマンスが高いのもクリアブラケット矯正のメリットといえます。

お望みの方法で歯を治そう

歯の治療

子どものうちならば目立つ矯正器具を付けていても、デメリットは多くないといえるでしょう。しかし、社会人になってビジネスで人に会うことになると、矯正器具が目立つというのはかなりのデメリットになってしまいます。現在では、そのデメリットを激減させるための目立たない矯正方法が用意されているため、人に会うビジネスをしている方でも大丈夫です。何種類かの方法があるので、自分に合った方法を考えて歯並びの改善を目指しましょう。

施術方法によってデンタルクリニックを選ぶ

歯科治療

歯並びを治したいのなら、矯正歯科を用意してくれているデンタルクリニックを選ばなければいけません。それに加えて、目立たない矯正を望むのなら、その施術方法を提供してくれているところを選ぶ必要があります。そのため、目立たない矯正方法が何なのか知って、それを行っているデンタルクリニックを探すのが効率的でしょう。マウスピースを使った方法や歯の裏側に矯正器具を付ける方法など、いろいろあるため、まずは利用したいものが何か決めることをおすすめします。

マウスピースを使った方法

歯

矯正器具を付けていてはいけない状況があるのなら、マウスピースを使った方法を選ぶのがベストです。なぜならば、マウスピースを使った方法はいつでも器具を取り外せるので、目立たないどころか、矯正をなかったことにできます。特別な器具は必要なく手でマウスピースを外せるため、大切な面談や会議の場などで矯正をしていることは悟られません。もちろん、一定の時間は取り付けていなければ効果を得られないので、ドクターの説明を聞いて正しく利用しましょう。

歯の裏側に取り付ける方法

治療器具

歯の裏側に矯正器具を取り付ければ、じっくりと観察されない限り、歯並びを治していることはばれません。目立たないのに表側の矯正と同じような効果を得られるので、できる限り早く歯並びを治したい方にもおすすめができる方法です。

広告募集中